忍者ブログ

ブログ もったいないから黒柳徹子さんの国連ユニセフへ

国際貢献としてのもったいないオークション 障害者支援としてのオークション 私達にできる社会貢献を考える

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シリアで何が起こっているのでしょうか! なぜ緊急支援が必要なのでしょう!

シリアで何が起こっているのでしょうか! なぜ緊急支援が必要なのでしょう!
シリアを見れば、なぜ世界中の国際貢献団体が、緊急支援活動をしているか、お分かりになります。
緊急支援活動は、地域の騒乱、内戦などの紛争のほかに、自然災害でも発生しますが、
ほとんどは、地域の騒乱、内戦などの紛争地域およびその周辺国で発生しています。
ですから、その多くがアフリカや中近東に集中しています。
緊急人道支援を行う、国際貢献団体は、国連も赤十字も民間団体も皆シリア難民の救済をキャンペーンしていますが、なぜでしょう!
広告は、どこも一大キャンペーンです!
シリアで何が起こっているのでしょうか、
又、つい最近も化学兵器使用で、イギリス、フランス、アメリカを中心に国際社会が大混乱をしています。
先ず、命を落とした方々のご冥福をお祈りします。
戦争をしなことを誓い、真摯に平和に暮らすことができる日本人は、
本当にいつになったら、戦争のない世界になるのと、他人事に思ってしまいます。
シリア難民は、シリア内戦が発端になっています。
1911年3月、シリア各地で起きた反体制デモを、
アサド政権が徹底的に弾圧したことから、反体制派も武装し、
内戦化したといわれ、死者は10万人を超え、死の恐怖から身を守るために、
難民となり、それが大量に国外流失し、
その影響で、今度は周辺国が難民問題で混乱しています。
シリア内戦は、2011年1月26日よりシリアで続いている反政府運動及び
シリア政府軍と反体制派による武力衝突のことです。
国際連合などにより内戦状態と認識されていることから
シリア内戦、シリア内乱、シリア危機と表現される場合もあります。
内戦と呼ばれることがよくあることから、
シリア国民どうしの紛争であると、短絡的に考えてしまう人もいるが、
実際にはシリア国外からの勢力も多いようです。
また、アサド政権と反政権派勢力間だけでなく、
ジハード主義勢力のヌスラ戦線と
シリア北部のクルド人勢力の間での衝突も起こっています。
シリアはトルコやアラブ・イスラム世界の中で敵対関係にある、
イスラエルなどと国境を接しているという地政学的事情もあるといわれ複雑です。
シリア内乱は2011年のチュニジアのジャスミン革命の影響によって、
アラブ世界各地で起きた「アラブの春」の一つであり、
シリアの歴史上類を見ないものといわれてもいます。
シリアでの死者数が7万人に迫っていると発表しました
反体制派からの情報を収集する英国拠点の反体制派組織「シリア人権監視団」の集計によれば、
騒乱開始以来、2012年までに4万6068人が死亡し、
このうち3万9520人が2012年の1年間に死亡したとされています。
国際連合は、2012年5月下旬の時点で、
もはや死者数の推計は不可能と判断しています。
2013年2月14日、国連人権高等弁務官事務所は、
シリアでの死者数が7万人に迫っていると発表しました。
マスコミは、いまや10万人と言っています。
シリア国内の状況の認識としては、
2011年12月に国際連合人権高等弁務官事務所が。
事実上の内戦状態であるとしたほか、
2012年6月12日にはエルベ・ラドゥース国連事務次長が、
高官としてはじめてシリアが内戦状態にあるとの見解を示しています。
同年7月15日には赤十字国際委員会が事実上の内戦状態であるとしています。
一方でシリア政府側は騒乱開始以来、これはあくまで対テロ戦争であり、
内戦ではないとの認識を示していたが、
2012年6月になってバッシャール・アル=アサド大統領が、
公の場で「真の戦争状態にある」と発言しています。
戦争ですから、戦況があります。
反政府側が優勢と見られていましたが、
一時劣勢だった政府軍は、イランの支援などで勢力を取り戻しているといわれて、この戦争はまだまだ勝敗が着かないようです。
ついに化学兵器使用まで!!
内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊で9月21日、
アサド政権によって化学兵器が使用された疑いが浮上しました。
通常兵器による激しい砲撃も発生、
反体制派の代表組織は同日の記者会見で、計1300人が死亡したことを明らかにした。
米国、英国、フランスなどは、化学兵器使用の疑いについて、
国連安全保障理事会の緊急会合を開催するよう8月の議長国アルゼンチンに要請しました。
反体制派によると21日未明、
ダマスカス近郊で化学兵器がロケットのようなもので打ち込まれ、
多数の市民が気分が悪くなり病院に担ぎ込まれた。
看護師によると患者は瞳孔が開き、口から泡を吹いた異常な状態だった。
インターネットに現場のものとみられる遺体の写真と動画が多数投稿された。
国営テレビは同日、アサド政権が化学兵器を使用したとする反体制派の主張を否定した。
反体制派を支援する国の反発は強まっている。
英仏などのほか、トルコが国連に調査を要請する方針を表明。
サウジアラビアも国連安保理の緊急会合を開催し、この問題を協議するように呼び掛けた。
アサド政権は猛毒サリンやマスタードガスなどの化学兵器を保有しているとされ、
これまでも内戦で化学兵器を使用した疑いがたびたび浮上していました。
米オバマ政権は昨夏、反体制派への武器供与に前向きになったが、
国連の調査団が8月18日、
化学兵器の使用の有無を調べるためにダマスカス入りしていた。
調査団の団長は8月21日の使用疑惑について「調査の必要性がある」と指摘、
国連での議論を経て現地調査する可能性も出てきた矢先でした。
アサド政権と同政権を支援するロシアは、
これまでに化学兵器を使用したのは反体制派だと主張し、
同政権の関与を否定しています。
今回のシリアについても国連の調査団が調べていますので、
すぐにはっきりすると思います。
もうこうなれば、難民救済どころの話ではありません。
誰が、このような残酷な仕打ちをしたのか? 
国際社会が一致団結して、制裁を課すべきではないのか、
ロシア、中国を除く、
アメリカ、イギリス、フランスをはじめ世界の各国は言っています。
アサド政権側は、自分たちは化学兵器を使ってはいないと言っています。
アサド政権側が言うことをそのまま信じることはできません。
しかし、だからと言って米国や英国が言うことをどこまで信じられるのかと言うと、
イラクの例があるので、ちょっと待てという気がします。 
しかし、米国とフランスは、シリアへの攻撃を示唆しています。
日本のメディアの報道も、一部を除いて、
化学兵器を使用したのはアサド政権側に違いないとの前提で、
記事を書いているようですが、米国の公共ラジオ放送ですら、
反体制派が化学兵器を使用した可能性があるとする専門家の意見を、
わざわざ大きく紹介しています。
それにしても、化学兵器を使用するなんて言語道断だと思いませんか!
日本人は、少なくとも、誰だってそう思いますよ!!
毒ガスが使用されたら、多くの人が命を奪われてしまうからなのです。
日本の場合には、毒ガスと言えばすぐあの忌まわしいサリン事件を思い出さずにはいられないからです!
過去も、日本軍は毒ガスを製造していた事実があるのです。
終戦後、国が、毒ガスによって健康被害を受けた地域住民に賠償をしていますので調べればちゃんと事実が分かるのです。
今回だって、専門家が調べればちゃんとわかります。
専門家の結論を待ちましょう!
根底に、イラク難民問題があります!!
ここのテーマは難民に対する緊急支援ですよね!
今はシリア難民が大きな国際問題となっていますが、
実は、厄介なことに、今回のシリア内乱には遠因としてイラク難民問題があるのです。
こちらのイラク難民についても緊急支援の対象になっていますよね!
一年以上に渡って混迷が続くシリア内乱には、
シリア国民の不満を爆発させるほどに社会を行き詰らせた最大の要因に。
イラク難民問題があります。
イラク難民はフセイン政権崩壊前、2003年4月時点で21万2000人、
難民認定されていないが難民同様の状態にある人々が約45万人であったとされます。
この数は皮肉にも、米国のイラク進攻によって爆発的に増大しました。
戦災によって2007年までになんと、イラク人口の7分の1にあたる、
400万人のイラク難民が発生し、
その大多数である140万人がシリアに流入したことから始まる今回のシリア難民は、
ところてん式に発生したのかも知れません。
サウジ、クウェート、イラン、トルコなど周辺諸国が、
難民流入を阻止するため、国境を封鎖する中、
シリアだけは、お慈悲にも門戸開放政策をとったのです。
しかもビザなしで積極的に難民受け入れを行っていった。
これは日本には絶対にできません。
なんでもメリットの理由があると、日本人の役人は言いますね。
シリアのメリットを言いますね。
一つは「汎アラブ主義」に基づくアラブの盟主としての自負がシリアにあったのです。
もう一つにはシリアは国際社会からのイジメにあっていたのです。
それで、寛容さや慈悲をアピールすることで国際的孤立を解消したいという意図があったといわれています。
2002年2月、米国のブッシュ大統領は北朝鮮、イラク、イランの3国を
「テロ支援国家」として「悪の枢軸」と呼んで、
世界の敵であることをアピールしたのは記憶にありますよね。
さらに、同年5月にはその「悪の枢軸」に、
シリア、リビア、キューバが追加になったことも記憶にあると思います。
それで、当然、国際的な非難や経済制裁等が加えられましたね。
しかし、シリアについて言えば、パレスチナのハマスやレバノンのヒズボラを支援していたことは認めるが、
「悪の枢軸」は不当だと思えます。
どちらも2000年代以降武力闘争から合法活動にシフトしています。
これは、米国のイスラエル重視政策があり、反イスラエルの両勢力の力を削ぐため、
後ろ盾だったシリアを孤立させる目的であったといわれています。
それでシリアは、イラク難民を率先して受け入れることで、
「テロ支援」に関っていないことをアピールし、
関係改善に努めようとしたのです。
アラブ諸国からは賞賛されたが、
欧米諸国はこれを無視し、難民が膨大な数に上ることでシリアが困窮しても、
国際支援組織や民間支援組織のレベルにとどめ放っておいたのです。
嫌われる原因はイスラエル擁護とは別に、独裁制にもあります。!!
2000年に独裁者であった父ハーフィズ・アル=アサドの後を継いだ、
息子(次男)のバッシャール・アル=アサド大統領は、
腐敗官僚の追放や、欧米との関係改善を行い、民主化など推進し、
「ダマスカスの春」と呼ばれ、政治改革を行っていたのです。
しかし、息子は、元医師で政治家経験の無い彼に代わり、
独裁者であった父の時代からの首脳陣がその実権を握っていたのは残念です。
本来は彼が大統領になるのが間違っていたのです。
独裁者のすることに、正しい結果は与えられないのは当然かも知れません。
大統領であるアサド家は、シーア派のうちでも少数派の一員ですが、
シリア治安機関の「厳格な言論統制」によって維持されており、
シリア人口の4分の3を占めるスンニ派から「深い敵意」があったといわれています。
しかし同じ少数派であるクルド人からは抗議や不満の声が上がっていたようですが、
独裁者アル=アサドは、
エジプトで起きた大規模抗議運動のようなものに影響されないと表明していた。
大統領の家族は共和国防衛隊、陸軍第4機甲師団、陸軍参謀副長を務め、
彼の家族は抗議に対して強硬路線をとらなければ街中がより大きな群衆であふれることを恐れているといわれます。
「悪の枢軸」と名指ししたイラクへの軍事行動を実施するに及んで、
不幸に、バッシャールは民主化をあきらめ、独裁体制の引き締め、
国内の民主化勢力の弾圧など独裁体制に移行したのでしょう。
このことが、内戦の要因にもなっています。
絶大な権力を振るった父や「悪の枢軸」呼ばわりされても、 北朝鮮の首脳と違い、 英国留学経験もある彼にとって、欧米からの敵視は耐えきれなかったのでしょう。ボタンの賭け違いですね。
2000年以降、バッシャール・アル=アサド大統領の主導で。
経済自由化政策が進められたが、経済制裁も相まって上手くいかず、
スンニ派商人階級とアラウィー派などを中心とする富裕層を、
さらに富ませるだけに終わり、むしろ国内の経済格差が拡大したのです。
1990年に251万人だった15~24歳の若年層は、
2010年には460万人にほぼ倍増したにも関らず、
それを吸収する雇用が無く、失業率は20%から25%にのぼるとと言われます。
それに追い討ちをかけるのが、140万人のイラク難民です。
彼らイラク難民に対してバッシャール・アル=アサド大統領は、
他のシリア国民と同様の公的サービスを受ける権利を与えたから、 財政は悪化の一途を辿ったのは当然です。
『シリアは国民の20%が貧困最低線以下の生活をしている貧しい国です。
イラク難民増加による人口過多はシリアの脆弱な社会経済基盤を圧迫し,
シリア政府の公共サービス供給能力は限界に達しました。
イラク難民の流入により,シリアのインフレ率は2007年で8 %に上昇し,
なかでも賃貸不動産市場は劇的な影響を受け300%も価格が上昇しました。
また2005年と比べ,ダマスカスにおけるパンの需要が35 %,
電気が27 %,水が20%上昇したといわれます。
また,2006年はイラク難民への飲料水と衛生サービスの供給だけでも
シリア政府に680万ドルのコストがかかったとされています。
さらに、『UNHCRによれば,シリアのイラク難民の約27%が女性を筆頭とする家族とされており,
生計を立てるために現在売春業に従事している、イラク難民女性は5万人にも上る』といいます。
売春が生業なのです。
なぜ売春をしなければならないのでしょうか?
日本は国連のいろんな機関に多額の資金提供をしています。
また、国際貢献を目的とする、国内の公益法人やNPOなどにも多額の補助金を提供し、
内戦、紛争、自然災害などで飢餓、飢え、病、食料などに苦しむ
避難民や難民に対して、食料や緊急医療などの支援をしていますが、
日本独自の支援が必要なのだと思います。
日本独自の支援とは、
主として難民キャンプなどに仕事を提供して、自立をさせることです。
難民キャンプは定住地ではありませんが、
難民キャンプは1年2年で解消するほど甘くはないと思います。
民間企業が中心になり、政府が難民キャンプ地などの政府や国連と交渉して、民間企業による雇用創出を目的としたキャンプ地進出を、
短期、中期であろうと支援することだと思います。
少なくとも売春を生業としなければならない難民キャンプ地であってなならないと思います。
いくら食糧支援、緊急医療支援をしても、
雇用が無ければ、売春による生業はなくなりません。
これについては、国連も国連の機関も、なにも対策を打っていません。
勿論、日本政府も手を打っていません。
今こそ、日本初の、雇用創出のための支援を起こすときだと思います。
それには、中小企業も含めた日本企業が立ち上がるときだと思います。
話を元に戻します
雇用の受け皿が無いまま失業者と難民が溢れ、
経済格差が拡大し貧困層は増大する一方という一連の状況は、
彼らイラク難民に対するシリア国民の反感を呼び、
やがてシリアの人々によるイラク難民への暴力へと結びつき、
社会を混乱させていったのです。
イラク難民の一部は、その後イラクが安定化したことで帰国したが、
多くの人々がシリアに残らざるを得なかったのでしょう。
これに宗派対立が絡みます。
支配者層であるシーア派は人口の12%、大衆層のスンニ派は60から65%と
少数派のシーア派による、多数派のスンニ派支配という構図があります。
宗派対立!!
人口の60から65%の大衆層のスンニ派から見て、
人口の12%の支配者層であるシーア派への不満が、
他国のシーア派が中心のイラク難民への憎悪と、重なるのです。
これが支配者層であるシーア派に向けられ、一層事態を複雑にしたのです。
この社会に充満する不満と不安に対して、シーア派支配者層は体制を維持するために、
恐怖政治という手を取り、徹底的に反対派を粛清し、
大衆層のスンニ派国民に対して抑圧を繰り返すことになったといわれます。
ここへ2011年3月18日、ダラァでのデモを契機に、国民の怒りが爆発するのです。
これに対してシーア派の、バッシャール・アル=アサド大統領は強権を持って臨むという図式です。
バッシャール・アル=アサド大統領のこの頑な態度には、
先に記したように就任以後10年で蓄積された欧米諸国への失望があるとも言わています。
「直ちに命を守る行動」
2013年2月14日、国連人権高等弁務官事務所はシリアでの死者数が7万人に迫っていると発表しています。
日本では、気象庁は「特別警報」に相当するとして最大級の警戒を呼びかけます!
それは、「直ちに命を守る行動」を呼びかけます。
日本は、避難所へ向かうのが基本ですが、
シリアで、「直ちに命を守る行動」とは、シリアを離れ難民になることなのです!
2013年7月5日時点で国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によって確認された、
シリア難民の数は181万人を超えたとされ、
200万人をすでに超えたとする推計もあります。
シリアの総人口が2200万ほどであることを考えると、
実に一割弱の国民が国外に難民としている逃げている計算になります。
難民の数は勢いを増しており、
試算では2013年末には300万人が難民になるとされています。
このことは周辺国に、さらに負の連鎖を生んでいます。
トルコには41万人以上のシリア難民がいて年内に60万人に迫ると予想されています。
もし、日本に50万人もの難民がボートピープルで押し寄せたら、どうなるのでしょうね!
シリアの人権は、今に始まったことではありません。
これまでも、国際機関からの激しい非難にさらされてきました。
1962年以来、非常事態法の下にあり、憲法による国民の保護は事実上停止されています。
シリア政府はシリアがイスラエルと戦争状態にあった事実を指して、
この非常事態宣言を正当化していました。
シリア国民は住民投票によって選ばれた大統領に好意的であり、シリア議会は複数政党制を採っていません。
1963年以来、非常事態宣言の効力が続いており、
保安部隊には逮捕や拘留の権限が与えられています。
当局は、人権活動家や政府批評家を苦しめたり投獄したりしています。
表現の自由、結社の自由、集会の自由の権利は厳格に制限されているようです。
また女性や少数派民族は差別に直面していると言われています。
1963年のクーデター以来、シリアはバース党の支配下にあります。
1966年のクーデターや1970年の革命などでバース党は独占的権力を保持しています。
1970年の革命以後、ハーフィズ・アル=アサド大統領は、
対立政党や対立候補者を選挙から締め出しながら30年近くにわたりシリアを指導してきた。
1982年、国内各地で起きた6年間に及ぶイスラム暴動の最盛期において、
ムスリム同胞団等を含むスンニ派によるイスラム主義運動を鎮圧するため、
ハーフィズ・アル=アサド大統領はハマーの町で焦土作戦を指揮しました。
ハマー虐殺において、一般市民を含む数万の人々が殺害されたといいます。
ハーフィズ・アル=アサドの後継者問題は、
1988年の人民議会選挙後の暴力的な抗議行動と武力衝突を引き起こし、
ハーフィズ・アル=アサドと彼の弟リファアト・アル=アサドとの間の
積年の確執が暴発したものででした。
ハーフィズ・アル=アサドは肺線維症のため1年後に志望し、
ハーフィズ・アル=アサドの息子であるバッシャール・アル=アサドは、
本来、大統領となれる40歳にいたっていませんが、
強引に彼の年齢である34歳に引き下げるよう憲法を修正した後に指名されました。、
後継者となった、バッシャールはフランス語と英語を話し、改革派として期待され、
2000年1月からダマスカスの春と呼ばれる、激しい政治的、社会的論争が引き起こされました。
2004年以来、クルド-アラブ暴動により緊張が高まり、反政府暴動が起きています。
混乱したサッカーの試合において人々がクルドの旗を掲げ、試合はやがて政治的な衝突に発展した。
クルド人とアラブ人による衝突はそれ以降も続いている。
全てのシリア市民はアラブ国家で何が起きているか知っているが、
シリアには多くの少数民族が存在する。
皆が武器を持ち、皆が身内を守ろうとしている。これはイラクで起きたことに似ている。
ここでは、シリアの難民だけを取り上げましたが、
難民問題は多くの地域で発生しています。
ここでは、UNICEF ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんの募金口座を経由して、
国連のユニセフへ寄付をすることで、日本人として国際貢献をしましょう。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ユニセフ募金口座

ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。

ほっとけない!

マスコミも虚偽情報の垂れ流し!


日本を震撼させる司法による人権侵害!


入管法違反疑獄事件



再審請求いざ鎌倉


法の下で統治されていない日本では2014年2015年と、 フィリピン大使館の職員や外交官までもが、 日本の司法の餌食になって犯罪人にされています。

この事件では、警察官、検察官、裁判官に加え外務省までもが 、 外国人に対して人権被害を加えています。
もはや狂気の沙汰です。


この事件は唐突に起きたのではなく2010年、中国人の不法就労により、 事件と関係のないソフト会社社長と中国人が共犯として、 入管法違反(資格外活動)の幇助罪として逮捕され懲役刑を受けています。


フィリピン大使館職員、外交官、2010年のソフト会社社長と中国人のいずれも 嘘偽の雇用契約書を提供したとして、不法就労の幇助としていますが

嘘偽の書類を堤出して在留資格を得た外国人は
平成14年創設の「在留資格取消」22条の4で
法務大臣より国外退去の行政処分となります。

国外退去の行政処分に対して刑法幇助罪は適用できませんので、
書類を提供した者は何ら処分なしです。

それで、平成22年7月1日施行で、嘘偽の書類を作成、幇助などをして 在留資格取得の助長行為をした外国人も国外退去となりました。


どちらの事件も不法就労した者は法務大臣より、嘘偽の書類を堤出したとして、 国外退去の行政処分を受けていません。

したがって、何の法律違反もしていないのに、 不法に逮捕監禁そして送検、起訴などの誣告をした嘘偽告訴です。

憲法31条の罪刑法定主義に反する国家的な人権侵害です。


不法就労について



不法就労は、働く資格のない外国人を雇用する事業者がいるから不法就労出来るのです。
中学生でもわかります。

それで入管法は国際法に反しないように、そして法の下で平等に裁くために、
不法就労した外国人は「不法就労罪」で、
不法就労させた事業者は「不法就労助長罪」で公平に処罰しています。

雇用者を注意処分とした場合は、外国人も注意処分とするのが公平です。

多くの場合、外国人だけが逮捕されて送検されますが、 不起訴または少額罰金で、入管施設に送り、入管は国外退去処分にしています。

しかし、この国外退去も法の下で平等でないので裁判をすれば、無効になります。

雇用者を逮捕せずに、外国人だけを犯罪者にできたトリックは、 嘘偽の書類を提供した者を、不法就労の幇助者としたのです。

嘘偽の書類を提供した者を不法就労の幇助をしたとして、 刑法の幇助罪を適用することで両者を公平に処分したとでっちあげたのです。

なんら罪にならないことは前記したとおりです。

判決では、裁判官も「風が吹けば桶屋が儲かる」論理を使うのです。

嘘偽の雇用契約書を提供したので、安易に在留資格を取得できた。
取得できたので日本に在留できた。
在留できたので、不法就労できた。
よって、嘘偽の書類提供と不法就労との因果関係は明白であるとします。

まじめに、日本の法廷での判決ですよ!

適用順位は憲法、条約、特別法、一般法です。
この事件は入管法の事件です。
入管法でどれも規定があるので入管法が優先されます。

しかし、国会議員がアホなので、無視して司法行政をします。

アホでなければ脛に傷をもつので司法行政を追及しないのですね!

ですから、この外国人が殺人をすれば、殺人の「幇助罪」になります。

アパートの部屋を貸せば日本に在住できたですよね、
従って、殺人をすれば「幇助罪」です。

幇助罪は「故意」が犯罪構成要件ですが、故意は事実関係で、なんとでもでっち上げできます。
でっち上げは彼等のお得意芸ですからね!

こんな不法な論理をゆるせません。


脛に傷がない国会議員は、この司法行政の犯罪を国会で追及すべきです。


国民は、政党、国会議員を監視しましょう!



入管法は外国人が絡んでいますので、国際問題になります。

従軍慰安婦問題以上ですが・・・、もう勘弁してくださいよ!


詳しくは

再審請求いざ鎌倉



もうすぐ、国際的な大問題になります!

プロフィール

HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- ブログ もったいないから黒柳徹子さんの国連ユニセフへ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]