連載,桜田門,舐める,一般論,認めろ,入管法違反,幇助,嘘偽,事件,適用法違反,検察官,犯罪,事実関係 忍者ブログ

もったいないね!黒柳徹子さん!

国連ユニセフ大使の黒柳さんの口座からユニセフへ寄付してください! 黒柳徹子さんに聞いて欲しいこと!頑張って欲しい活動など 【連載】桜田門を舐めるんじゃねえ 一般論で認めろ 連載中

日本国内への支援

日本国内への支援
日本国内への支援も、勿論必要です。
日本国内の障害者支援団体などへの寄付や販売支援などは
姉妹サイト「障害者支援もったいないオークション」でお願いします。
障害者の福祉は、障害者総合支援法で、日本の財政事情の許す範囲で完備されていると思いますが、
旧来の小規模作業所の位置づけの障害者支援団体が大勢を占めています。
作業所と言うくらいですから、労働ではないのです。
ここが一般の人にはわからないと思います。
一見、労働しているようですが、労働といわないのです。
労働でしたら、法で最低賃金が定められていますので独立した生計ができます。
しかし、作業所は、作業を教えるのです
教えるから、授業料(自己負担金)をとるのです。
なぜ、こんな屁理屈になってしまったのでしょうか?
勿論、作業でも作業賃(???これが勝手な言い分)が払われます。
作業チンって、普通の人の日給にも満たないのが月額の作業チンなのです。
(あえて賃でなくチンとしました)
障害者に、労働のあてもないのに、いつまでも作業訓練をさせるのでしょうか?
継続して、作業訓練をさせているのです。
ここで労働をしているのは、理事や職員です。
労働の場が必要なのは、障害者です。
しかし、法律で認めているのです。
むごいですね、しかし、これしかないという言い訳はたくさん聞きます!
障害者の親は老いていきます。
心配なのは、子供の生活です。
日本の福祉は、国家財政が許す限り充実しています。
障害者年金、公的支援、生活保護などで、最低の生活はできます。
しかし、多くの親が望んでいるのは、
結婚して、独立して、生活保護などに頼らないで、普通の人と同じとは行かなくても、
同じような生活がしていけることです。
そのためには、
勤労して生活費を稼ぎ出すことです。
障害者でも、普通の会社で雇用して貰えるのは、ごく少数です。
勿論、法で、一定規模以上の企業には、障害者の雇用が義務付けられていますが不十分なのです。
違反すると、反則金を支払わなければなりません。
それでも、足手まといの障害者には、就労場所が無いのです。
障害者だけの、最低賃金がもらえる勤務場所が必要なのです。
そのための支援団体が、ほとんど無いのです!
障害者に必要なのは、就労のあてのない作業訓練の作業場ではなく、労働の場所です!
労働のあてのある職業訓練だったら、訓練を受ける価値があります。
難民の問題でも雇用創出が重要だと述べましたが、
日本においては、
ここ、弱者である、障害者に対しても雇用創出が必要なのです。
たくさん、たくさん問題はあります!できない言い訳より、できる解決策を考えましょうよ! 
「障害者支援もったいないオークション」の障害者支援は、
こうした問題に、具体的に取り組む障害者支援団体への支援を対象としています。
たとえば、
障害者と65歳以上の高齢の健常者を組合わせることで、可能な面もあると思います。
パン屋やそば屋を共同で経営するスタイルです。
障害者の親が複数で障害者の子供らのために、退職金より出資して、
店を開店させる・・・・・・・・・などなど
失敗は許されません。
こうしたケースで私たちは、どうした支援ができるでしょうか!
たとえがよくなかったですね!寄付で集まったお金で、どのような支援ができるのでしょうか?
日本が抱える問題は、是だけではありませんが、
私たちにできる精一杯の支援をしてあげましょうよ!
http://syogaisyasien.mottainaiauction.net/
「障害者支援もったいないオークションはここをクリックしてください」
支援を必要とする団体は、下段の「お問合せ」よりお申出ください。
こちらは10団体ほど集まりましたら開設いたします。
寄付先は10団体より寄付者に選択していただきます。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ユニセフ募金口座

ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。

プロフィール

HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- もったいないね!黒柳徹子さん! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]