忍者ブログ

国連ユニセフ大使の黒柳さんの口座からユニセフへ寄付してください! 黒柳徹子さんに聞いて欲しいこと!頑張って欲しい活動など

   
ワンガリ・マータイ・ノーベル賞受賞者、 国連女性地位委員会では出席者全員と「もったいない」と唱和した。
ワンガリ・マータイ・ノーベル賞受賞者、
国連女性地位委員会では出席者全員と「もったいない」と唱和した。
ワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai, 1940年4月1日 - 2011年9月25日)は、
ケニア出身の女性環境保護活動家、政治家。ノーベル賞受賞者。
2004年12月10日、「持続可能な開発、民主主義と平和への貢献」により、
環境分野の活動家およびアフリカ人女性として史上初のノーベル平和賞を受賞した。
また、ナイロビ大学初の女性教授となった人物でもある。
関西学院大学、早稲田大学、青山学院大学名誉博士。
生誕 1940年4月1日
ケニアの旗 ケニア
死没 2011年9月25日(満71歳没)
職業 ナイロビ大学教授
環境保護活動家
1940年、ケニア中部のニエリの農家の娘として生まれ、
アメリカ、カンザス州のベネディクティン・カレッジ卒業後、ピッツバーグ大学で修士号、
ナイロビ大学で博士号(獣医学)を取得し、1971年にはナイロビ大学教授に就任した。
1977年にグリーン・ベルト・ムーブメントを設立して土壌の浸食と砂漠化を防止する植林活動を開始し、
1986年にアフリカン・グリーン・ベルト・ネットワークへ改称後、
アフリカ大陸全土で植林活動を行い、民主化や持続可能な開発の推進に取り組んだ。
独裁政権下にあったケニアにおいて、公然と政権を批判したことで数度の逮捕と投獄を経験。
女であるにもかかわらず意志が強すぎ、
コントロール不可能であると夫が国に訴え離婚させられた経験ももつ。
1997年にはケニアの大統領選挙に立候補しようとしたが、
所属政党の説得により断念。2002年に国会議員となり、
2003年から環境・天然資源・野生動物省の副大臣を務め、
ケニア・マジンジラ緑の党を設立して代表も務めた。
2005年3月28日、アフリカ連合経済社会文化会議の初代議長に選出された。
2007年実施のケニア国会議員総選挙で落選した。
2005年2月14日から10日間、京都議定書関連行事出席のため来日した際、
日本語の「もったいない(モッタイナイ)」という言葉を知って感銘を受ける。
同年3月の国連女性地位委員会では出席者全員と「もったいない」と唱和した。
同年より「MOTTAINAI」キャンペーンを展開する。
2006年のトリノオリンピックの開会式ではオリンピック旗を掲揚する際の旗手を務めた。
2009年5月にはケニアの岩谷滋雄特命全権大使から旭日大綬章の伝達を受け、
同年12月には国連平和大使に任命された。
2011年9月25日、ガンのためケニアの首都ナイロビの病院で死去。
71歳没。同月28日、ケニアのキバキ大統領は生前の功績を称え国葬とすることを決め、
10月8日にナイロビ市内のウフル公園で国葬が行われた
。葬儀は「木を使わないで」という遺言に従い、
特製の棺に納められガスによる火葬に付された。
受賞理由:持続可能な開発、民主主義と平和に対する貢献
ノーベル平和賞の賞状
マータイと上院議員時代のバラク・オバマ(ナイロビ)
ノルウェー・ノーベル委員会は、2004年度のノーベル平和賞受賞者を発表する席で次のようにコメントした。
「マータイは、ケニヤの圧政的な前政権に対し果敢にも立ち上がり、
彼女のユニークな運動は政治的抑圧に対して国内、また国際的にも注意を引くのに貢献した。
彼女は民主的権利への運動の中で多くの人々にとってインスピレーションとなり、
また特に女性の地位向上を促すのに勇気を与えた」。
ノーベル平和賞受賞の報告を受けての席上で、
マータイは、エイズウイルス陰謀説のうちの一つである
「HIVウイルスは生体工学の産物であり、アフリカにおいて西洋の科学者によって、
黒人を懲らしめるために大量破壊兵器としてばら撒かれた」
との主張に対して賛成するようなコメントをした。
その後マータイは自らの見解を、2004年10月10日付TIMEマガジンヨーロッパ版にて明らかにした。
授賞式のスピーチではこれまでの活動を振り返ると同時に、
アフリカの同胞に対し紛争や貧困を減らし生活の質を向上させるため共に努力することを呼びかけ、
またアウン・サン・スー・チーの軟禁解除を訴えた。
詳しくは

拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ユニセフ募金口座
ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。
ほっとけない!
マスコミも虚偽情報の垂れ流し!


日本を震撼させる司法による人権侵害!


入管法違反疑獄事件



再審請求いざ鎌倉


法の下で統治されていない日本では2014年2015年と、 フィリピン大使館の職員や外交官までもが、 日本の司法の餌食になって犯罪人にされています。

この事件では、警察官、検察官、裁判官に加え外務省までもが 、 外国人に対して人権被害を加えています。
もはや狂気の沙汰です。


この事件は唐突に起きたのではなく2010年、中国人の不法就労により、 事件と関係のないソフト会社社長と中国人が共犯として、 入管法違反(資格外活動)の幇助罪として逮捕され懲役刑を受けています。


フィリピン大使館職員、外交官、2010年のソフト会社社長と中国人のいずれも 嘘偽の雇用契約書を提供したとして、不法就労の幇助としていますが

嘘偽の書類を堤出して在留資格を得た外国人は
平成14年創設の「在留資格取消」22条の4で
法務大臣より国外退去の行政処分となります。

国外退去の行政処分に対して刑法幇助罪は適用できませんので、
書類を提供した者は何ら処分なしです。

それで、平成22年7月1日施行で、嘘偽の書類を作成、幇助などをして 在留資格取得の助長行為をした外国人も国外退去となりました。


どちらの事件も不法就労した者は法務大臣より、嘘偽の書類を堤出したとして、 国外退去の行政処分を受けていません。

したがって、何の法律違反もしていないのに、 不法に逮捕監禁そして送検、起訴などの誣告をした嘘偽告訴です。

憲法31条の罪刑法定主義に反する国家的な人権侵害です。


不法就労について



不法就労は、働く資格のない外国人を雇用する事業者がいるから不法就労出来るのです。
中学生でもわかります。

それで入管法は国際法に反しないように、そして法の下で平等に裁くために、
不法就労した外国人は「不法就労罪」で、
不法就労させた事業者は「不法就労助長罪」で公平に処罰しています。

雇用者を注意処分とした場合は、外国人も注意処分とするのが公平です。

多くの場合、外国人だけが逮捕されて送検されますが、 不起訴または少額罰金で、入管施設に送り、入管は国外退去処分にしています。

しかし、この国外退去も法の下で平等でないので裁判をすれば、無効になります。

雇用者を逮捕せずに、外国人だけを犯罪者にできたトリックは、 嘘偽の書類を提供した者を、不法就労の幇助者としたのです。

嘘偽の書類を提供した者を不法就労の幇助をしたとして、 刑法の幇助罪を適用することで両者を公平に処分したとでっちあげたのです。

なんら罪にならないことは前記したとおりです。

判決では、裁判官も「風が吹けば桶屋が儲かる」論理を使うのです。

嘘偽の雇用契約書を提供したので、安易に在留資格を取得できた。
取得できたので日本に在留できた。
在留できたので、不法就労できた。
よって、嘘偽の書類提供と不法就労との因果関係は明白であるとします。

まじめに、日本の法廷での判決ですよ!

適用順位は憲法、条約、特別法、一般法です。
この事件は入管法の事件です。
入管法でどれも規定があるので入管法が優先されます。

しかし、国会議員がアホなので、無視して司法行政をします。

アホでなければ脛に傷をもつので司法行政を追及しないのですね!

ですから、この外国人が殺人をすれば、殺人の「幇助罪」になります。

アパートの部屋を貸せば日本に在住できたですよね、
従って、殺人をすれば「幇助罪」です。

幇助罪は「故意」が犯罪構成要件ですが、故意は事実関係で、なんとでもでっち上げできます。
でっち上げは彼等のお得意芸ですからね!

こんな不法な論理をゆるせません。


脛に傷がない国会議員は、この司法行政の犯罪を国会で追及すべきです。


国民は、政党、国会議員を監視しましょう!



入管法は外国人が絡んでいますので、国際問題になります。

従軍慰安婦問題以上ですが・・・、もう勘弁してくださいよ!


詳しくは

再審請求いざ鎌倉



もうすぐ、国際的な大問題になります!
プロフィール
HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- 黒柳徹子さん聞いてよ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]