連載,桜田門,舐める,一般論,認めろ,入管法違反,幇助,嘘偽,事件,適用法違反,検察官,犯罪,事実関係 忍者ブログ

もったいないね!黒柳徹子さん!

国連ユニセフ大使の黒柳さんの口座からユニセフへ寄付してください! 黒柳徹子さんに聞いて欲しいこと!頑張って欲しい活動など 【連載】桜田門を舐めるんじゃねえ 一般論で認めろ 連載中

~黒柳徹子~『窓際のトットちゃん』~トットちゃんと校長先生~内側から見た自閉症

「まず、授業中に、机のフタを、百ペんくらい、開けたり閉めたりするんです。そ
こで私が、『用事がないのに、開けたり閉めたりしてはいけません』と申しますと、
おたくのお嬢さんは、ノー卜から、筆箱、教科書、全部を机の中にしまってしまっ
て、ひとつひとつ取り出すんです。例えぱ、書き取りをするとしますね。するとお
嬢さんは、まずフタを開けて、ノートを取り出した、と思うが早いか、パタン!
とフタを閉めてしまいます。そして、すぐにまた開けて頭を中につっこんで筆箱か
ら〝ア〟を書くための鉛筆を出すと、いそいで閉めて、〝ア〟を書きます。ところ
が、うまく書けなかったり、間違えたりしますね。そうすると、フタを開けて、ま
た頭をつっこんで、ケシゴムを出し、閉めると、いそいでケシゴムを使い、次に、
すごい早さて開けて、ケシゴムをしまって、フタを閉めてしまいます。で、すぐ、
また開けるのて見てますと、〝ア〟ひとつだけ書いて、道具をひとつひとつ、全部
しまうんです。鉛筆をしまい、閉めて、また開けてノートをしまい……
「それから、こういうことも、ございました初めての図画の時間のことですが、
国旗を描いてごらんなさい、と私が申しましたら、他の子は、画用紙に、ちゃんと
日の丸を描いたんですが、おたくのお嬢さんは、朝日新聞の模様のような、軍艦旗
を描き始めました。それなら、それでいい、と思ってましたら、突然、旗のまわり
に、ふさをつけ始めたんです。ふさ。よく青年団とか、そういった旗についてます、
あの、ふさです。で、それも、まあ、どこかで見たのだろうから、と思っておりま
したところが、ちょっと目を離したスキに、まあ、黄色のふさを、机にまで、ど
んどん描いちゃってるんです。だいたい画用紙に、ほぼ一杯に旗を描いたんですか
ら、ふさの余裕は、もともと、あまり無かったんですが、それに、黄色のクレヨン
で、ゴシゴシふさを描いたんですねそれが、はみ出しちゃって、画用紙をどかし
たら、机に、ひどい黄色のギザギザが残ってしまって、ふいても、こすっても、と
れません。
黒柳徹子の『窓際のトットちゃん』を読み直してみたら、やはりとても面白かったので、書き
留めておく。
トットちゃんは、小学校一年生の段階で、もう「退学」になってしまう。理由は、「他の子の
迷惑になるから来ないでほしい」だ。
トットちゃんは、授業中に、机のフタを何度も開けたり閉めたりしてしまう。(※理由は、フ
タがついている机がとても珍しかったからだ。)
また、授業中に教室から「チンドン屋」さんを呼んでしまい、授業にならない。
また、授業中に樹にとまっている鳥に話しかけて、授業にならない。
国旗を描かせたら、画用紙をはみ出して描いてしまう。
これらは、今で言えば、発達障害の特徴(問題行動)だと言われることだ。
画用紙の境界がわからない。
授業のルールがわからない。
先生の注意の意図がわからない。等々。
黒柳徹子は、とても鮮明に、当時のことをよく覚えている(※これも発達障害的だと言えるだ
ろう)。もちろん、発達障害と読まなくても、面白い、いい作品になっていると思う。
小学一年生で「退学」になったトットちゃんは、お母さんが見つけてきた学校「トモエ学園」
に転校することになる。
転校のために、校長先生の面接を受けに行く。
校長先生が、「話したいことがあるかい」と言うので、トットちゃんは、自分の話したいこと
を、ありったけ話してしまう。話しは、四時間分あったが、校長先生は、じっとして最後まで、
トットちゃんの話を聞いてくれた。
トットちゃんは、とても安心する。そのシーン。
卜ットちゃんは、このとき、また時計が読めなかったんたけど、それでも長い時
間、と思ったくらいなんたから、もし読めたら、ビックリしたに違いない。そして、
もっと先生に感謝したに違いない。というのは、トットちゃんとママが学校に着い
たのが八時で、校長室で全部の話が終わって、トットちゃんが、この学校の生徒に
なった、と決まったとき、先生が懐中時計を見て、「ああ、お弁当の時間だな」と
いったから、つまり、たっぷり四時間、先生は、トットちゃんの話を聞いてくれた
ことになるのだった。
あとにも先にも、トットちゃんの話を、こんなにちゃんと聞いてくれた大人は、
いなかった。
それにしても、また小学校一年生になったばかりのトットちゃんが、四時間も、
ひとりでしゃべるぶんの話があったことは、ママや、前の学校の先生が聞いたら、
きっと、びっくりするに違いないことだった。
このとき、トットちゃんは、まだ退学のことはもちろん、まわりの大人が、手こ
ずってることも、気がついていなかったし、もともと性格も陽気で、忘れっぽいタ
チだったから、無邪気に見えた。でも、トットちゃんの中のどこかに、なんとなく、
疎外感のような、他の子供と違って、ひとりたけ、ちょっと、冷たい目で見られて
いるようなものを、おぼろげには感じていた。それが、この校長先生といると、安
心で、暖かくて、気持ちが良かった。
トットちゃん(黒柳徹子)は、とても明るく無邪気な子だったが、それでも、なんとなく疎外
感は感じており、他の子と自分が違う、冷たい目で見られている、という感じを持っていたこと
を、とてもよく書き留めている。
ちょうど発達障害の人の、小さい頃からの疎外感の記述があるので、引用する。
子どもの頃から、家族、先生、同級生、職場の人たちから怒られ、責められてば
かりだったので、自己評価が低く、自信が持てないです。
自信をつけようと資格を取ったりしましたが、達成感が湧かなかったです。
子どもの頃、「あなたには、こういういいところがある」と言ってくれる人がい
たら、いくらか自尊心が保てたのでは、と思います。
他の人との違いは、幼稚園の頃から感じていました。物心ついた頃から、周囲か
ら「変」と言われていたからです。小さい頃はあまり自覚がありませんでしたが、
成長するにつれて周囲と違うのを感じました。
まるで、自分が人間の皮をかぶった、何か別の生物みたいでした。
(『私たち、発達障害と生きてます』高橋今日子)
高橋今日子さんは、子供の頃から、疎外感を持ち、自己評価を低くしか持つことができず、自
分は「人間の皮をかぶった、別の生き物」のように感じている。
小さい頃から、そんな風に感じて生きていくことは、相当大変なことだったに違いない。
高橋今日子さんも感じ方と、トットちゃんの感じ方は、同じものだと思える。
トットちゃんも、ひょっとしたら、一歩間違えば、こういう人生の感じ方になってしまってい
たかもしれない。
お母さんも、トットちゃんのために、いい育てられ方をしているし、トモエ学園の校長先生も
抜群に良い接し方をしている。
当時の校長先生に、「発達障害」の知識があったはずがない。でも、そんなことは関係
ない。
トットちゃんの話を、最初から最後まで、真剣に聞いてあげること。トットちゃんを「否定」
するのではなく、「肯定」すること。
自尊心が持てるように、子供と接すること。
校長先生は、まっとうな教育の仕方を実践しているだけであり、現代でも、十分に通用するこ
とだ。最初の学校の先生とはまったく違っている。
詳しくは

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ユニセフ募金口座

ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。

プロフィール

HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- もったいないね!黒柳徹子さん! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]