連載,桜田門,舐める,一般論,認めろ,入管法違反,幇助,嘘偽,事件,適用法違反,検察官,犯罪,事実関係 忍者ブログ

もったいないね!黒柳徹子さん!

国連ユニセフ大使の黒柳さんの口座からユニセフへ寄付してください! 黒柳徹子さんに聞いて欲しいこと!頑張って欲しい活動など 【連載】桜田門を舐めるんじゃねえ 一般論で認めろ 連載中

トヨタ自動車・海外植林ボランティア

トヨタ自動車・海外植林ボランティア
トヨタ自動車(TMC)と現地事業体が共同で実施
従業員による植林ボランティア活動
中国(2006~2010年)
2001年から2010年の間、トヨタ自動車は中国科学院等と、河北省で日中「21世紀中国首都圏環境緑化モデル拠点」共同事業を実施しました。このプロジェクトの一環として、トヨタ自動車(中国)投資有限会社(TMCI)と日本のトヨタ自動車の従業員ボランティアが、累計で600名以上植林に参加しました。
参加者からは、「砂漠化という現象を実際に目の当たりにした。植林活動に参加することで、砂漠化防止に少しでも役に立つことができ、すばらしい体験ができた」などの声が寄せられました。
2011年からは、TMCIが主体となって、新たな植林活動を実施し、ボランティアも参加しています。
フィリピン植林(2010年~)
フィリピン ルソン島北部のカガヤン州ペニャブランカ町にて、トヨタ自動車が実施している植林プロジェクトに関連し、2010年から従業員によるボランティア活動を実施しています。2011年には従業員・家族12名が参加し、フィリピントヨタ(TMP)と共同で、2,563haの土地に合計2,065本の苗木が植えられました。
また、現地事業体が支援している地元小学校の見学や地元の方との交流、マニラでNGOによる路上の子ども達への支援活動の見学など、フィリピンの社会課題を知るプログラムも併せて実施しました。
日中のボランティア
日中のボランティア
中国での植林作業の様子
中国での植林作業の様子
日本・フィリピンのメンバー
日本・フィリピンのメンバー
フィリピンでの植林作業の様子
フィリピンでの植林作業の様子
<参考URL>
中国における砂漠化防止緑化プロジェクト
熱帯林再生プロジェクト
詳しくは
http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/social_contribution/society_and_culture/v_forestation/

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ユニセフ募金口座

ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。

プロフィール

HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- もったいないね!黒柳徹子さん! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]