忍者ブログ

国連ユニセフ大使の黒柳さんの口座からユニセフへ寄付してください! 黒柳徹子さんに聞いて欲しいこと!頑張って欲しい活動など

   
「世界ふしぎ発見!」の出題をめぐる黒柳徹子とスタッフの攻防とは? 80歳になった今も、日々、学ぶことをやめない――。
「世界ふしぎ発見!」の出題をめぐる黒柳徹子とスタッフの攻防とは?
80歳になった今も、日々、学ぶことをやめない――。
38歳のとき、本格的に演劇を学ぶためにニューヨークに渡った。
「20~30代は、40代に個性を確立するための準備期間」と話す徹子さんは、
80歳になった今も、日々、学ぶことをやめない――。
第1回 38歳からのニューヨーク留学の日々
番組の中で歴史の勉強ができるなんて!
アパートの部屋の前で。
ニューヨーク時代の写真は『チャックより愛をこめて』(文春文庫)に掲載したもの。
学ぶということでは、「世界ふしぎ発見!」は、
私にとって最高の学びの場です。
番組が始まる前まで、私、クイズ番組には一度も出たことがなかったんです。
クイズ番組に出て、答えを外して、
「黒柳徹子はバカだ!」と言われるのが嫌だったので(苦笑)。
私が何で「世界~」で着物を着ているかというと、
「たぶんクイズに正解はできないだろう。
でも、着物を着ていたら、私だってわからないかもしれない」と思ったからなんです。
でも、スタッフの人からは、(あきれた口調で)「わかります!」とか言われちゃった(笑)。
出演をお引き受けすることにした最大の理由は、
1時間の番組の中で歴史の勉強ができると言われたからです。
私、歴史の勉強をしないで死ぬのは嫌だったの。
学生時代、ほとんど歴史を勉強できていないんですね。
教科書を墨で塗られた時代ですから。
戦争前、日本は2600年の歴史があると教えられていたのに、
終戦後は西暦が採用されて、1945年に戦争が終わったことになったの。
歴史の教科書も国語の教科書も墨で塗られてしまったので、知識としてはひどいものでした。
自転車でぶらっとセントラルパークまで。
レッスンのない日は、必ず昼頃にお散歩に出かけていた。
クイズを引き受ける条件には、
「何をやるか、テーマだけ教えてください」とお願いしていたんです。
でも、私のクイズの正解率が上がってくると、
ディレクターがいろいろ用心するようになって。
前に、ロケのスタッフと、偶然パリ行きの飛行機が一緒だったことがあるんですけど、
そのとき、「どこに行くの?」って声かけたら、
「いえいえ」って返されちゃった(笑)。
どこに行くかぐらい教えてくれたっていいじゃない、ねぇ(笑)。
私はパリで乗り換えてから、アフリカに向かう予定でした。
それで乗り換えのときに、「荷物を出すの?」って訊いたら、
その答えも「いえいえ」。
そこまで用心しなくても、と思うのだけれど(笑)。
こんなこともありました。
以前私は、いつも、有栖川公園にある都立中央図書館に行っていたんです。
私がある本に手を伸ばしたとき、
隣でどさっと本を落とした人がいて、あとでわかったんですが、
それが「世界ふしぎ発見!」の問題を出すスタッフだったの。
私は知らない人です。
彼女は、私が手を伸ばした本から、
問題を出したらしくて。
慌てて帰って「黒柳さんが、出題した内容の書かれた本に手を伸ばしてました!」って
報告したみたい(笑)。
200ページもある本ですよ。ちなみに答えは間違ってました(笑)。
もっと詳しくは

拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ユニセフ募金口座
ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。
ほっとけない!
マスコミも虚偽情報の垂れ流し!


日本を震撼させる司法による人権侵害!


入管法違反疑獄事件



再審請求いざ鎌倉


法の下で統治されていない日本では2014年2015年と、 フィリピン大使館の職員や外交官までもが、 日本の司法の餌食になって犯罪人にされています。

この事件では、警察官、検察官、裁判官に加え外務省までもが 、 外国人に対して人権被害を加えています。
もはや狂気の沙汰です。


この事件は唐突に起きたのではなく2010年、中国人の不法就労により、 事件と関係のないソフト会社社長と中国人が共犯として、 入管法違反(資格外活動)の幇助罪として逮捕され懲役刑を受けています。


フィリピン大使館職員、外交官、2010年のソフト会社社長と中国人のいずれも 嘘偽の雇用契約書を提供したとして、不法就労の幇助としていますが

嘘偽の書類を堤出して在留資格を得た外国人は
平成14年創設の「在留資格取消」22条の4で
法務大臣より国外退去の行政処分となります。

国外退去の行政処分に対して刑法幇助罪は適用できませんので、
書類を提供した者は何ら処分なしです。

それで、平成22年7月1日施行で、嘘偽の書類を作成、幇助などをして 在留資格取得の助長行為をした外国人も国外退去となりました。


どちらの事件も不法就労した者は法務大臣より、嘘偽の書類を堤出したとして、 国外退去の行政処分を受けていません。

したがって、何の法律違反もしていないのに、 不法に逮捕監禁そして送検、起訴などの誣告をした嘘偽告訴です。

憲法31条の罪刑法定主義に反する国家的な人権侵害です。


不法就労について



不法就労は、働く資格のない外国人を雇用する事業者がいるから不法就労出来るのです。
中学生でもわかります。

それで入管法は国際法に反しないように、そして法の下で平等に裁くために、
不法就労した外国人は「不法就労罪」で、
不法就労させた事業者は「不法就労助長罪」で公平に処罰しています。

雇用者を注意処分とした場合は、外国人も注意処分とするのが公平です。

多くの場合、外国人だけが逮捕されて送検されますが、 不起訴または少額罰金で、入管施設に送り、入管は国外退去処分にしています。

しかし、この国外退去も法の下で平等でないので裁判をすれば、無効になります。

雇用者を逮捕せずに、外国人だけを犯罪者にできたトリックは、 嘘偽の書類を提供した者を、不法就労の幇助者としたのです。

嘘偽の書類を提供した者を不法就労の幇助をしたとして、 刑法の幇助罪を適用することで両者を公平に処分したとでっちあげたのです。

なんら罪にならないことは前記したとおりです。

判決では、裁判官も「風が吹けば桶屋が儲かる」論理を使うのです。

嘘偽の雇用契約書を提供したので、安易に在留資格を取得できた。
取得できたので日本に在留できた。
在留できたので、不法就労できた。
よって、嘘偽の書類提供と不法就労との因果関係は明白であるとします。

まじめに、日本の法廷での判決ですよ!

適用順位は憲法、条約、特別法、一般法です。
この事件は入管法の事件です。
入管法でどれも規定があるので入管法が優先されます。

しかし、国会議員がアホなので、無視して司法行政をします。

アホでなければ脛に傷をもつので司法行政を追及しないのですね!

ですから、この外国人が殺人をすれば、殺人の「幇助罪」になります。

アパートの部屋を貸せば日本に在住できたですよね、
従って、殺人をすれば「幇助罪」です。

幇助罪は「故意」が犯罪構成要件ですが、故意は事実関係で、なんとでもでっち上げできます。
でっち上げは彼等のお得意芸ですからね!

こんな不法な論理をゆるせません。


脛に傷がない国会議員は、この司法行政の犯罪を国会で追及すべきです。


国民は、政党、国会議員を監視しましょう!



入管法は外国人が絡んでいますので、国際問題になります。

従軍慰安婦問題以上ですが・・・、もう勘弁してくださいよ!


詳しくは

再審請求いざ鎌倉



もうすぐ、国際的な大問題になります!
プロフィール
HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- 黒柳徹子さん聞いてよ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]