忍者ブログ

国連ユニセフ大使の黒柳さんの口座からユニセフへ寄付してください! 黒柳徹子さんに聞いて欲しいこと!頑張って欲しい活動など

   
ピンサロに寄ったばかりに
ピンサロに寄ったばかりに
これでは警察は、用心棒ですよ
男は、70代独身の年金生活者です。
身寄りはありません。
銀行から引き出した1ヶ月分の年金23万円強を、支出目的別に仕分けして、
封筒にいれたあとコタツのテーブルの上においた後、
仕分けされた小遣い封筒より1万円札をとって、タバコを買いに自転車で駅前に出かけました。
タバコを買ったあと、ふと斜め前を見ると1980円明朗会計のピンサロの看板に目に入ります。
この看板に目が眩んで、店内へハイ居ていきます。
まだ時間が早いので、おばちゃんホステスがたくさんつきます。
おばちゃんホステスが、ドリンクをねだりますが、この男も若い頃は遊び慣れていますので、
良いとは言いません。
それでもビール2本とピーナツを追加して1時間半ほどいます。
セットのビール1本とお通し、それに追加ビール2本とピーナツです。
それでお勘定にします。
会計では、1万2000円ほどを言われます。
計算して注文したのですが、思ったより高いようです。
高いことにクレームを付けるつもりはありません。
所持金は、1万円からタバコ1箱を買ったお釣りだけなので、3千円ほど足りません。
店員に、ここから5分のアパートへ帰って持ってくると言うのですが、承知しません。
押し問答をしているうちにパトカーがやって来ます。
パトカーの警察官に、
ここから5分のアパートへ帰って持ってくると言うのですが、 聞き入れません。それで逮捕されて警察署に連行されて留置されるのです。
警察で取調べの際も、
ここから10分もかからないのでお金を取ってくると言うのですが、
聞き入れません。
「それじゃ、どうすれば良い」と聞くと
「検事さんが決めます」
と言うのです。
その後、写真や指紋などを取られ留置されます。
翌日は何もありません。
3日目に検察に行きますが、「犯罪です」と説明されます。
検察官は、良くても、
「被害届けが取り下げられるまでは留置されますよ」
と言うだけです。
そして4日めに裁判所に行きます。
裁判官には何を言っても無駄です。
そして、その日に国選弁護士を頼みます。
翌日国選弁護士が留置所に面会に来ます。
男が事情をすべて話します。
アパートの鍵のありかは、ドアの上の木の上だと説明します。そして金が仕分けされている状況も説明します。
弁護士は、
「しょうがネエな」と言って、
「金を払って、被害届を取下げさせるしかないので、やってみましょう」と言って帰ります。
国選弁護士が、男のアパートから金をとって、
ピンサロに支払いに行くが社長は海外旅行中です。
4、5日居ないと言うのです。 国選弁護士が検察官に事情を話しますが、釈放してくれません。
海外旅行から帰った頃、また店に行って、お金を払って、被害届けを取り下げてもらいます。ようやく10日後に留置所から釈放されます。
たかだか2千円や3千円の不足料金です。
それでも、高い税金を使って処理するのです。
この事件処理をするのに、いくら税金を使ったと思いますか?
おそらく数百万円以上いやもっと多く数千万円以上の税金が使われたことになる。
パトカーの警察官が男のアパートまでついていき、その足でピンサロに支払えば、
1時間もかからずに事件は処理できている。
逮捕して警察署に連れて行くと、
まず司法警察官による取調べが1時間ほどある。
これが終わると、写真撮影や指紋取りなどが2,3人が30分ほどかけます。
所持品預かりのため、その検査に2,3人が1時間ほどかける。
それから留置場係による、留置のための2人くらいで身体検査を1時間ほどかける。
それから留置室にいれるのです。
歯ブラシや、練り歯磨き、シャンプー、石鹸、タオルなどを買わされます。そして好みのタバコも。
購入費用は所持金を預けたので、その中からです。
留置室には常時2、人の警察官が24時間監視しています。
所長も1日1回見回りに来ます。
そのほか、訳のわからない職員が1、2回見回りに来ます。
朝飯、昼飯、夕食は無料で提供されます。
風呂は週に2回ほどです。
洗濯も週に2回ほどしてくれます。
タバコは1日2本が朝の運動の時間に吸えます。
運動の時間は狭い部屋で、髭剃りとタバコを吸うのです。
運動をするわけではありません。
無罪を主張すると接見禁止になるから下着がありません。
1回逮捕されると20日留置されます。
再逮捕されると、再逮捕ごとに20日づつ延長されます。
朝飯はppの弁当箱の飯や安いコンビニ弁当などですが、お茶でなく白湯です。
なぜか白湯なんですよ。
予算化しないんですね。
何ででしょうね。
誰も言わないから、国民がわからないのですよ。
味噌汁は、一番安いインスタントの粉味噌汁です。
ビニール製の敷ゴザが食卓です。
なぜゴザが食卓なのでしょうかね。
部屋にトイレは有りますが、洗面はありません。
食事の前に手を洗う慣習はないのです。
事故が起きたら想定外ということで考えるでしょうね。
貸本が3冊くらい読めます。
夏は冷房がガンガンです。
冷やして臭くならないようにしているのです。
逮捕されたその日は、留置所です。
次の日(2日目)は書類が検察に送られますから、1日留置所で過ごします。
昼飯は、パンと牛乳です。
夕飯は、プラスチックの弁当や安いコンビニ弁当などですが、お茶でなく白湯です。 希望者は前の日に指定業者のメニューを警察官がセールに来ますから、それも購入できます。
夕食は五時ころです。 朝飯と同じようなもんです。
9時に就寝です。
布団は布団部屋に取りに行きます。メガネなども預けます。
逮捕の3日目は検察で取調べです。
朝7時から8時には警察を出て護送のバスで警察署を10箇所くらい回って検察庁に行きます。
警察署から護送バスに乗るため、署員全員くらいで警備しています。
何十人もいますよ。
バスも4,5人います。
なんせ手錠、腰紐をとっかえるのに大変な作業です。
検察庁についても、長い長い外階段を降りて、地下2、3回の待合室の留置所に入るのに、
ここにも何十人もの職員が居ます。
昼飯は食パン2枚と、ベビーソーセージ1本と牛乳とお茶です。
順番に検察官に呼ばれて30分くらい取調べがあります。
予め調書の下書きが検察官の頭の中にあるので、
この中から質問しています。
質問以外は「質問したことだけに答えてください」と釘を刺されます。
5分ほど質問すると、すぐに頭のなかにある調書を読み上げて補助職員に言うと、
職員がワープロして印刷して署名させられて終わりです。
印鑑の代わりに人差し指に黒いインクを付けて指印します。
終わると、待合の留置所で待機です。
1部屋に10人くらいいます。
硬い木のベントシートです。
夕方、護送バスの方面に分かれて整列して乗車します。
この時も職員が数十人がかりです。
わずか30分の取調べのため1日がかりです。
それから、朝と同じように警察署を順に回って降ろさtれて行きます。
警察につくと、上の階の留置所まで、また数十人の職員がお出迎え警備です。
4日目は裁判所に行きます。
要件は、勾留請求が検察官から出ていますので、この審査ですが、
100%形式です。
何言ってもダメです。
警察署から裁判所には行く手順は同じです。
ついた先が検察庁でなく裁判所です。
場所はほぼ同じ場所です。
裁判所の待合室は、留置室でなくホールです。
ホールにプラスチックの椅子があるのでここで1日を腰紐と手錠で待ちます。
裁判官の勾留請求審査は10分ほどです。
職員は、検察庁と同じような体制です。
延べ数百人でしょうね。
まさに公務員のための公務委員による公務員のためのセレモニーです。
いや~税金がいくらあっても足りないはずです。
結局彼は、飲食代を払いますので釈放です。
あの時、警察官が、パトカーに載せ1、2分の彼のアパートまで同行し、
金を持たせて店に戻り、そこで不足の金を払っていたら、
経費は、通常のパトロール経費だけでなんです。
なぜこれができないのでしょうね。
アパートまで同行しても金がないのであれば、
そのとき初めて逮捕すれば良いのです。
この物語を読んだ日本人は100人のうち、
99人はそうだと言うでしょう。
独り者が飲食店に行くと、このようになるので、
入店するときは、必ず現金を確認しましょうね。
これはピンサロでなくて、
ラーメン屋でも同じですよ
元論、蕎麦屋でも同じです
もっというと、
喫茶店でも同じです
そのお店が、
警察を呼ぶと、逮捕されるのです。
店にも問題が多ありです。
昔は、こんなことはなかったのです。
小料理屋に入ってきて、
帰りに金がないと言う客も、たまにはいました。
お店のママはね、
こんなことはしなったね
昔のお巡りだったら、
逮捕はしなかったよ
裁量をうまく働かせていたからね
裁判官も勾留請求の時に、
検察官を怒鳴りつけてただろうね、
なんて?
「おまえさん、こんあことで事件にするなよ」
「お前さんには裁量ってもんがあるんだよ」
でも今の警察官、検察官、裁判官には、
裁量の意味がわからないから、
絶対に一人で、お金を確認しないで、初めての店には絶対に行っては行けないよ
飲食店はこわ~いところだからね
子供とお年寄りには、噛み砕いてお話くて上げてね。
これは、今の日本で、本当にあったことです。
今でも、こうやって逮捕されている日本人がたくさんいるのですよ。
これは北朝鮮のお話じゃありませんよ
中国のお話じゃありませんよ
昔は暴力団が、繁華街を取り仕切っていたのですが、
最近は警察が取り仕切っているので、
危ないですよ、
留置所で臭い飯を10日間も食わされることになるのです。
昔はよかったですよ。
司法もコスト意識をもって!と叫びたくなます。
税金っていくら払っても足りない理由はここにもある。
司法コストを下げるためにも、さあ、ここで考えてみましょう。
裁量を誰に任すべきでしょうか。
道徳的判断に任せては解決していません。
この警察官の取った行動は正しかったでしょうか。
この検察官のとった判定は正しかったでしょうか。
やっぱり警察官、検察官、裁判官の裁量に任せるほうが良いと思いますか、
それでは、彼らに「裁量」についての教育が足りなかったのです。
すぐに教育しましょう。
国会議員はこの予算をとるべきです。
警察官、検察官、裁判官の裁量に任せる事が、こういう状態になるとの結論だったら、
国会議員に言って法律を改正させましょうよ。
道徳すら曖昧な日本で、道徳的判断に任せるからこうなるのです。
問題は簡単です。
裁量でできないように、法律に、細かく規定させるのです。
彼らは、仕事が減るので、反対しますよ。
「くじけないで」
と国会議員を励ましてやらせるのですヨ
司法にもコスト意識をもたせましょう。
過剰司法はやめさせましょう。

拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ユニセフ募金口座
ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。
ほっとけない!
マスコミも虚偽情報の垂れ流し!


日本を震撼させる司法による人権侵害!


入管法違反疑獄事件



再審請求いざ鎌倉


法の下で統治されていない日本では2014年2015年と、 フィリピン大使館の職員や外交官までもが、 日本の司法の餌食になって犯罪人にされています。

この事件では、警察官、検察官、裁判官に加え外務省までもが 、 外国人に対して人権被害を加えています。
もはや狂気の沙汰です。


この事件は唐突に起きたのではなく2010年、中国人の不法就労により、 事件と関係のないソフト会社社長と中国人が共犯として、 入管法違反(資格外活動)の幇助罪として逮捕され懲役刑を受けています。


フィリピン大使館職員、外交官、2010年のソフト会社社長と中国人のいずれも 嘘偽の雇用契約書を提供したとして、不法就労の幇助としていますが

嘘偽の書類を堤出して在留資格を得た外国人は
平成14年創設の「在留資格取消」22条の4で
法務大臣より国外退去の行政処分となります。

国外退去の行政処分に対して刑法幇助罪は適用できませんので、
書類を提供した者は何ら処分なしです。

それで、平成22年7月1日施行で、嘘偽の書類を作成、幇助などをして 在留資格取得の助長行為をした外国人も国外退去となりました。


どちらの事件も不法就労した者は法務大臣より、嘘偽の書類を堤出したとして、 国外退去の行政処分を受けていません。

したがって、何の法律違反もしていないのに、 不法に逮捕監禁そして送検、起訴などの誣告をした嘘偽告訴です。

憲法31条の罪刑法定主義に反する国家的な人権侵害です。


不法就労について



不法就労は、働く資格のない外国人を雇用する事業者がいるから不法就労出来るのです。
中学生でもわかります。

それで入管法は国際法に反しないように、そして法の下で平等に裁くために、
不法就労した外国人は「不法就労罪」で、
不法就労させた事業者は「不法就労助長罪」で公平に処罰しています。

雇用者を注意処分とした場合は、外国人も注意処分とするのが公平です。

多くの場合、外国人だけが逮捕されて送検されますが、 不起訴または少額罰金で、入管施設に送り、入管は国外退去処分にしています。

しかし、この国外退去も法の下で平等でないので裁判をすれば、無効になります。

雇用者を逮捕せずに、外国人だけを犯罪者にできたトリックは、 嘘偽の書類を提供した者を、不法就労の幇助者としたのです。

嘘偽の書類を提供した者を不法就労の幇助をしたとして、 刑法の幇助罪を適用することで両者を公平に処分したとでっちあげたのです。

なんら罪にならないことは前記したとおりです。

判決では、裁判官も「風が吹けば桶屋が儲かる」論理を使うのです。

嘘偽の雇用契約書を提供したので、安易に在留資格を取得できた。
取得できたので日本に在留できた。
在留できたので、不法就労できた。
よって、嘘偽の書類提供と不法就労との因果関係は明白であるとします。

まじめに、日本の法廷での判決ですよ!

適用順位は憲法、条約、特別法、一般法です。
この事件は入管法の事件です。
入管法でどれも規定があるので入管法が優先されます。

しかし、国会議員がアホなので、無視して司法行政をします。

アホでなければ脛に傷をもつので司法行政を追及しないのですね!

ですから、この外国人が殺人をすれば、殺人の「幇助罪」になります。

アパートの部屋を貸せば日本に在住できたですよね、
従って、殺人をすれば「幇助罪」です。

幇助罪は「故意」が犯罪構成要件ですが、故意は事実関係で、なんとでもでっち上げできます。
でっち上げは彼等のお得意芸ですからね!

こんな不法な論理をゆるせません。


脛に傷がない国会議員は、この司法行政の犯罪を国会で追及すべきです。


国民は、政党、国会議員を監視しましょう!



入管法は外国人が絡んでいますので、国際問題になります。

従軍慰安婦問題以上ですが・・・、もう勘弁してくださいよ!


詳しくは

再審請求いざ鎌倉



もうすぐ、国際的な大問題になります!
プロフィール
HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- 黒柳徹子さん聞いてよ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]