忍者ブログ

ブログ もったいないから黒柳徹子さんの国連ユニセフへ

国際貢献としてのもったいないオークション 障害者支援としてのオークション 私達にできる社会貢献を考える

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

立ちションを注意して傷害罪

立ちションを注意して傷害罪
ここは築地市場の駐車場である。
6月の朝は5時前でも、すでに日が上り、明るいが人影はいない。
この魚市場の駐車上で、なんと立ち小便をしている。
自分の小型冷蔵トラックに向かっていた山村は、
このたちションベン男を見つけると、
「こら、何してんだ、ここは魚市場の駐車場だぞ」
「お前にには、常識がないのか」
と怒鳴りつけると、山村は、近くにとめてある、
自分の冷蔵トラックに向かい、ドアを開けて、運転席に座る。
まもなく、立ち小便男が駆けつけ、山村のトラックを足で蹴り、
「降りてこい」と喚いている。
山村は無視していたが、このまま車を出すと危ないので、
ドアを開けて、立ち小便男に言ってやろうと思って、
運転席のドアを強く開けた。
すると、ドアの前で喚いていた立ちションベン男の顔に強くあたり、
立ちションベン男は、顔から鼻血を出している。
まるで小さな子どもが鼻血を見て、泣き出しように、
この男も、いい歳して、多きな声で、
「イタタ、イテエじゃないか」
とわめき、
「この野郎、こんなことしてタダじゃすまないぞ」
というが早いか、ポケットから携帯電話を取り出して、
110番して、
「顔をやられました、・・・・・・」
と電話する。
山村は、それを見て、
「何だこの野郎」
と立ちションベン男を睨みつけて言うと、
「今に見ていろ、後悔するぞ」
という。
山村は、
「何、言ってんだこの野郎」
と言い合っているうちに、
パトカーが到着して警察官が駆け寄ってくる。
「やめろ」
「どうした」
と言うと、
立ちションベン男が、
「こいつです」
「この男にやられました」
と山村を指して言うと、
警察官は、山村に手錠をかけた。
山村は
「俺が何をしたんだ」
と警察官に大声で喚いたが、
警察官は山村を強く引いてパトカーに押し込んだ。
警察官は、立ちションベン男と何やら話をしていたが、
戻ってくると、パトカーを署にに向けて走らせた。
早朝、警察署に到着すると、取調べがあり調書が作成された。
そして、 写真撮影、 指紋撮影、 持ち物預け。 身体検査などが行われて留置された。
すぐに検察に送られたようで、
通常より1日早く、翌日には、検察庁に連れて行かれて、
取調べがあったので、山村は詳細に話しをしたが、
聞いているのか、聞いていないのかよくわからない態度であった。しかし調書では、山村の行った行為を傷害罪としたのです。
次の日には裁判所に連れて行かれたが、
ここでは、裁判官が事実と違うかと言うので違うと言って修正させたが、
勾留は変わらなかった。
小さな会社であるが、会社の顧問弁護士をつけてくれた。
社長は、こんな理不尽な事があってたまるかと言って、
弁護士に検察官への面会をセットしてくれたので、
検事のところへ怒鳴りこんで行ったが、
検察官は傷害だと言う。
社長は、
「あの野郎は、今日も会社に出ているぞ、鼻血くらいで何だ」
と言うと、
「いや少しくらい、顔が腫れているのでは」と警察の資料を見ながら言う。
「車のドアの前に立つ奴が悪い」と言うと、
「いや、それでも傷害ですよ」と言って相手にしない。
弁護士も煮え切らない。
小さな会社にとって弁護士料は負担である。
すると弁護士は、国選をつけましょう。
「私の後輩にいいのがいますから」
そうやって弁護士が国選に変わった。
接見に来た国選弁護士は、山村の話を聞いて、
「私が証人を探しますよ」と言って、
次の朝、早朝から、
同じ時刻に市場で証人探しをすると二人ぐらいの証人が現れ、
当日の状況を見ていたので、証言してくれた。
国選弁護しは、証人の証言を持って、
検察官に会いに行き無罪を主張し、釈放するように求めた。
検察官は、現場検証を再度行うように警察に指示を出したので、
2、3日して再度現場検証が行われたが、
釈放されることはなかった。
山村は、検察に呼ばれて、検察官から、
「罰金でどうですか」と言われたので、
「わかりました、それで結構です」と言ってしまった。
弁護士からは、
「たとえ裁判になっても、絶対に無罪ですから頑張ってください」
と言われていたが、もう会社を10日ほど休んでいるし、このまま裁判になると、
半年は会社を休まなければならない。
そうすると、収入はなくなるし、
今の会社の仕事もなくなるかも知れないと思うと、
受け入れざるを得ないのである。
次の日の朝は検察に行き、簡易裁判で罰金刑を受け、
夕方には迎えに来てくれた奥さんと、家に帰ることができた。
この時、嬉しそうでは合ったが、悔しいと言う。
この国は、貧乏人には、冷たい国なのです。
もちろん、築地市場の駐車場で立ちションベンをした相手は、
警察にさえ呼ばれません。
100%被害者扱いなのです。
こんなことだから、
この日本は、誰も、他人のことに注意をしなくなったのです。
悲しいことですね。
この物語を見ている若い方で、検察官を目指す人は、
憲法に書いてあるように、公平な裁きができる検察官になってください。
思い込みで罪人と決め付けないで、
一度、出した裁定でも、誤りがあれば、正す事が必要です。
検察官と言う人間でも、誤りはあるのです。
法律は、公平でなければならないのは当然です。
憲法に書いてあることがわかる国語力を身につけましょう。
暗記して試験に良い点をとる勉強は害になるだけです。
この物語を見ている学校の先生は、この事例をもとに、
国語の勉強がいかに大事かを教えて下さい。
暗記して司法試験に受かっても、こんな人生では恥ずかしいだけです。
人間らしい生き方を教えましょう。
この検察官は、車のドアを開けるときは、
周囲に人が居ないことを確認しなかったので、
たとえ鼻血であろうと、相手に傷を負わせたので罪だと言うのです。 過失相殺の論理はないのです。
逆にいえば、相手がドアを開けるのがわかっていて、
ドアの前に立つ奴も責任がありますよね。
検察はこの男の行為を良しとするのです。
生鮮を扱う市場の駐車場で立ちションベンをしたこと。
注意されて、注意した相手を威嚇したこと。
相手に車から降りて来いと誘ったこと。
ドアが開くことがわかってドアの前に立っていたこと。
すべて良しなのです。
だから一方はお咎め無しで、一方は罰金です。
正義とは一体何でしょうか。
こんな検察官を税金で食わせてやるのは、腹が立ちますよね。
子どもたちの意見も聞いてください。
父兄の意見を聞くのも良い事例です。
儒学では具体的な事案を儒学の教えに照らして、
正しいか悪いかを儒学者が議論して結論を出します
ホームルームでも話し合ってください。
築地の魚市場で立ちションベンを注意するのは当然でしょう!
当然のことをして、なぜ罰を受けなければならないのでしょう。
子どもたちに意見を出させるにはいい事例です。
子どもたちに警察や検察の仕事を教える教材にもなります。
山村のいいところは何でしょう。
山村の悪いところは何でしょう。
立ちションベン男の悪いところは何でしょう。
立ちションベン男の良い所はありますか。
この検察官は、山村だけを罪人にしていますが、正しい判定でしょうか。
この検察官には何が足らないのでしょうか。
どんな意見が出るか楽しみです。
良い意見が出れば、明日の日本は明るくなります。
思い込みで、罪人を創る、過剰司法はやめさせましょう。
いえ、不法な司法はやめさせましょう。
憲法に基づいて、法を執行させましょう。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

ユニセフ募金口座

ユニセフ親善大使 黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


黒柳徹子さんのユニセフ募金口座


ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん



お願いチャンネル


世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。
みずほ銀行六本木支店
普通1546555
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
郵便局からも振り込み出来ます。
郵便口座00130-5-8060
ユニセフ親善大使
黒柳徹子
募金総額の報告(2015年3月31日現在)
       累計 5,486,550,332円(389,439件)

入金内訳
みずほ銀行 4,636,925,643円(296,704件)
ゆうちょ銀行 849,624,689円(92,735件)

 
黒柳徹子です。(2013年12月)

1984年に私がユニセフ親善大使になってから、
たくさんの皆さまが、私を信頼してくださって、
子どもたちのために募金をお送りくださっていることに、
改めてありがとうを申し上げたいと思います。
30年の間に、50億円というものすごくたくさんのお金を皆様からお送りいただきましたことに、
心からお礼を申し上げます。
前にも申しておりますが、募金をしてくださった方に
「ありがとう」の御礼のお手紙をお出ししていないのは、
80円の切手を貼ってお礼をお出しすると、
その分のお金で子どもたちが救えるので、
その分も子どもたちのために使いたいと思っているので、
お礼状はお出ししておりません。


下記サイトで振込先を確認してください
詳しくは

お願いチャンネル
世界の子供へ、募金をお願いします。

ほっとけない!

マスコミも虚偽情報の垂れ流し!


日本を震撼させる司法による人権侵害!


入管法違反疑獄事件



再審請求いざ鎌倉


法の下で統治されていない日本では2014年2015年と、 フィリピン大使館の職員や外交官までもが、 日本の司法の餌食になって犯罪人にされています。

この事件では、警察官、検察官、裁判官に加え外務省までもが 、 外国人に対して人権被害を加えています。
もはや狂気の沙汰です。


この事件は唐突に起きたのではなく2010年、中国人の不法就労により、 事件と関係のないソフト会社社長と中国人が共犯として、 入管法違反(資格外活動)の幇助罪として逮捕され懲役刑を受けています。


フィリピン大使館職員、外交官、2010年のソフト会社社長と中国人のいずれも 嘘偽の雇用契約書を提供したとして、不法就労の幇助としていますが

嘘偽の書類を堤出して在留資格を得た外国人は
平成14年創設の「在留資格取消」22条の4で
法務大臣より国外退去の行政処分となります。

国外退去の行政処分に対して刑法幇助罪は適用できませんので、
書類を提供した者は何ら処分なしです。

それで、平成22年7月1日施行で、嘘偽の書類を作成、幇助などをして 在留資格取得の助長行為をした外国人も国外退去となりました。


どちらの事件も不法就労した者は法務大臣より、嘘偽の書類を堤出したとして、 国外退去の行政処分を受けていません。

したがって、何の法律違反もしていないのに、 不法に逮捕監禁そして送検、起訴などの誣告をした嘘偽告訴です。

憲法31条の罪刑法定主義に反する国家的な人権侵害です。


不法就労について



不法就労は、働く資格のない外国人を雇用する事業者がいるから不法就労出来るのです。
中学生でもわかります。

それで入管法は国際法に反しないように、そして法の下で平等に裁くために、
不法就労した外国人は「不法就労罪」で、
不法就労させた事業者は「不法就労助長罪」で公平に処罰しています。

雇用者を注意処分とした場合は、外国人も注意処分とするのが公平です。

多くの場合、外国人だけが逮捕されて送検されますが、 不起訴または少額罰金で、入管施設に送り、入管は国外退去処分にしています。

しかし、この国外退去も法の下で平等でないので裁判をすれば、無効になります。

雇用者を逮捕せずに、外国人だけを犯罪者にできたトリックは、 嘘偽の書類を提供した者を、不法就労の幇助者としたのです。

嘘偽の書類を提供した者を不法就労の幇助をしたとして、 刑法の幇助罪を適用することで両者を公平に処分したとでっちあげたのです。

なんら罪にならないことは前記したとおりです。

判決では、裁判官も「風が吹けば桶屋が儲かる」論理を使うのです。

嘘偽の雇用契約書を提供したので、安易に在留資格を取得できた。
取得できたので日本に在留できた。
在留できたので、不法就労できた。
よって、嘘偽の書類提供と不法就労との因果関係は明白であるとします。

まじめに、日本の法廷での判決ですよ!

適用順位は憲法、条約、特別法、一般法です。
この事件は入管法の事件です。
入管法でどれも規定があるので入管法が優先されます。

しかし、国会議員がアホなので、無視して司法行政をします。

アホでなければ脛に傷をもつので司法行政を追及しないのですね!

ですから、この外国人が殺人をすれば、殺人の「幇助罪」になります。

アパートの部屋を貸せば日本に在住できたですよね、
従って、殺人をすれば「幇助罪」です。

幇助罪は「故意」が犯罪構成要件ですが、故意は事実関係で、なんとでもでっち上げできます。
でっち上げは彼等のお得意芸ですからね!

こんな不法な論理をゆるせません。


脛に傷がない国会議員は、この司法行政の犯罪を国会で追及すべきです。


国民は、政党、国会議員を監視しましょう!



入管法は外国人が絡んでいますので、国際問題になります。

従軍慰安婦問題以上ですが・・・、もう勘弁してくださいよ!


詳しくは

再審請求いざ鎌倉



もうすぐ、国際的な大問題になります!

プロフィール

HN:
玉ねぎ
性別:
男性
Copyright ©  -- ブログ もったいないから黒柳徹子さんの国連ユニセフへ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]